1. SUSHI JOBトップ
  2. 海外就職の豆知識
  3. 調理師免許について

調理師免許について

知っているようで知らない?調理師免許について調べました。

調理師免許は日本の国家資格であり、調理師試験に合格し、各都道府県の調理師名簿に登録された者を調理師と呼ぶ。但し、調理師免許を持っていなくても、業務として調理することは可能である。

試験は原則として年に一回、試験科目は食文化概論、栄養学、食品学、公衆衛生学、食品衛生学、調理理論の6科目計60問、マークシート方式で四肢択一、合格ラインは全科目6割以上となる。どこの都道府県でも受験可能。

受験するにあたり中学卒業以上で2年以上の実務経験が必要。もしくは、厚生労働大臣が指定した調理師養成施設を卒業すると無試験で資格が与えられる。

飲食店開業には食品衛生責任者が必ずひとりは必要であるが、調理師免許があれば養成講習を受けることなく食品衛生責任者となることができる。

以上概要でした。飲食業を営んだり、調理の仕事をする場合に必須ではないものの、国のお墨付きの資格ですからある場面で非常に効力をもたらすこととなります。その場面とはずばり転職!調理師免許を持っていれば一定の知識と経験を持っている証明となるので、同じレベルの応募者の中では一歩抜きん出るわけですね。また、職場によっては免許取得により昇給・昇格する事もあります。そして同じく国家試験である[ふぐ免許]は調理師免許を持った人でないと受験出来ません。

さらに強調したいのは、海外就職において調理師免許というのは非常に重要な役割を果たします。就労ビザの審査の際、調理師免許を持つ申請者の場合はおりやすくなるためです。

すでに実務を積んでいてキャリアアップをしたい人、あるいは海外就職を目指している人はトライする価値はあるでしょう。参考書を買って独学してもよし、受験対策の事前講座を受講してもよし、ステップアップの第一歩です!