1. SUSHI JOBトップ
  2. 海外就職の豆知識
  3. 面接対策 その①

面接対策 その①

1次面接突破のカギは“誰に”を意識すること

転職の1次面接と2次面接(最終面接・役員面接)では、面接官のタイプや面接の目的が異なるから、それぞれ対策をとる必要がある。

まずは、1次面接について確認していこう。

1次面接が人事や採用担当者によって行われる場合、面接官は職務経歴書に記載されていることの確認を行い、経験や能力が求める人材のレベルに達しているかをチェックする。1次面接の場合、退職理由、志望動機などは必ず質問されるから、事前に準備しておこう。

1: 履歴書・職務経歴書の内容はきちんと頭に入れよう

1次面接の場合、退職理由、志望動機などは必ず質問されるから、履歴書を頭に入れたうえで、自分の言葉で語れるように、事前に準備しておこう。

2: 会話から企業のニーズを汲み取ろう

例えば求人広告の応募条件に「簿記2級、または同等程度の知識」と書かれている場合、具体的にどの程度の知識が必要なのか、自分がその条件を満たしているのかどうか分からないよね。

だから、面接官との会話から、どのレベルの知識の人材を求めているのか、何のために募集をしているのかを探り、自分の経験や能力を当てはめてアピールすることが重要なんだ。

会話の中で、「経理部門を独立させたいから、新しい部署を仕切ってくれる人が欲しい」という企業ニーズが分かれば、簿記などの経理知識に加えて、「10名程のメンバーを率いて新しい運用ルールの構築・導入を行った経験があります」と伝えることで、面接官に今回求めている人材の能力を自分が満たしていることをアピールできる。そのためにはもちろん、キャリアの棚卸しが十分にできていることが不可欠だよ。

3: 話す相手を意識しよう

1次面接は企業の人事や採用担当者が行うのが一般的。配属部署の社員の場合も、若手・中堅層が面接官となるケースが多い。中小企業ではいきなり社長と面接、といったケースもあるようだけど、そうでない限り、相手の立場を考慮して、 経営者クラスでなければ答えられないような質問は慎んだほうがいい。

また、転職面接では面接官が自分より若いことも想定される。万一相手が年下だった場合も見下した態度・口調にならないよう注意が必要だ。

相手によって変えることと変えてはいけないことをハッキリさせておくといいね。